東宝タクシーin横浜鶴見のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育て支援が日本を救う!

<<   作成日時 : 2016/08/07 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   大胆なタイトルで気になったので、購入しました。はっきり言って、一部(特に2章)は難し過ぎて、とても読めません。社員には「物事を感覚ではなくデータで判断せよ。」と言っていますが、こんなのはさすがに難し過ぎます。まぁ、一般に考えられることを、様々なデータと計算で理論付けた、という印象でしょうか。ダイジェスト版にして新書にしたら、もっと売れると思いますが、それじゃ著者の意図とまた違ってきてしまうのかな?
画像

   「子育て支援をすべし」という主張は私にとっては自明のことなので、そこは「改めて納得」なのですが、自分達のこうした「選択」が歴史を乗り越えるのだ、というくだりは、印象的でした。また、(注)の中でこっそり触れられている、「選択」の方法は、必ずしも選挙のような投票行動だけではなく、与党議員や官僚への請願等、直接交渉が有力である、という指摘は、まさにその通り!と思う。
  私自身、選挙については、党議拘束が抱合わせ商法になっており、実現して欲しい政策と政党や政治家がマッチしない為、冷淡な態度です。周囲の投票行動も、単に所属している団体への忠誠心の発露にしか見えず、有権者としての意思表示をしているとは、とても思えません。(労働組合だから民進党みたいな)
  なので、自分が出来る事と言えば、与党議員や行政への直接交渉しかない!と言う気持ちを改めて強く持ちました。それが、本書にも指摘されてある、日本人の内発的動機の弱さの克服(心からこうしたい、こうすべしと思う気持ち)なのだろう、と思います。
  ということで、そろそろ「子育て世帯向けタクシー」の意見書を書かないと、、、

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子育て支援が日本を救う! 東宝タクシーin横浜鶴見のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる