東宝タクシーin横浜鶴見のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS タクシー乗り場を考える!

<<   作成日時 : 2016/07/24 14:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タクシーを乗りやすくしていく為には、乗り場の改善が欠かせないと考えています。その理由としては、現在のタクシー乗り場が、余りにも利用者目線からかけ離れていると感じるからです。
まずは、身近な鶴見の弁天町の乗り場から見てみましょう。
画像

こ、この雰囲気は、、近寄りがたい。そもそも、タクシーに乗りたい人は、ここで何をしたらいいのか、さっぱり分かりません。なーーんにも情報発信してくれない寡黙な看板って感じ?
  次にもう少し広く利用されている、山下町のタクシー乗り場を見てみましょう。
画像

ほほー、観光地らしく、観光タクシーの事が書いてあります。でも、何をどうしたらさっぱり分からない、情報量が物凄く少ない乗り場ですね。詳しくは運転者にって書いてあるけれど、時間貸し運賃で運転手に話をする、というのは、ホントにそれでいいのか?!
  更に、横浜支部が誇る横浜駅東口のUD・EVタクシー専用レーンのある乗り場に行ってみました。
画像

画像

ここはさすがに「乗り場」らしくなっているだろう、と近付いてみたら、全国夏の交通安全運動の看板で、覆い隠されていました。タクシーなんて並んでるんだから、ここがタクシー乗り場ってくらい分かんだろ!UDとかどうでもいいし!というセンスを感じます。

極端な比較かもしれませんが、北陸金沢のバス乗り場をご紹介します。
画像
画像

公共交通機関は、お待たせしない、仮に待たせたとしても情報提供でお待たせする印象を持たせないことがとても重要です。バスロケーションシステムはかなり普及してきています。いや、タクシーも、車両や乗務員教育、配車システム等は、どんどん進化してきています。しかし、「乗り場」だけは、それを積極的に改善しようとする事業主体がいない為に、「超」がつくほど原始的です。逆に言うと、ここに利用者利便向上のビジネスネタがある、ということなのです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タクシー乗り場を考える! 東宝タクシーin横浜鶴見のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる